私の家は、平屋の3LDKでキッチンを除いてすべて
畳の部屋で、少し古臭い感じが残る家なんです。(こんな感じ)

リフォーム前の状態

それで以前から、畳の部屋をフローリングにしたいと思っていて、
今回まとまった休みが取れたので、畳をフローリングに張替えるDIYを行いました。

実際にDIYを行った部屋がこちらになります。
どうですか?プロ級の仕上がりでしょ?(笑)
フローリングの完成

前回の記事では、第一弾としてこの部屋の「押入れをクローゼットに変えるDIY」に
チャレンジしましたが今回、第二弾として
「畳の部屋をフローリングに変えるDIY」に挑戦します。

畳の処理の仕方からフローリングに張替えるまでの注意点など、
ゼロからわかりやすく手順を紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

Sponsored Links

畳をフローリングにするDIY!体験記

まず、畳の部屋をフローリングに張替えるために、知っておくべきことがあります。

  • 部屋の寸法を測る
  • 畳を処分する
  • 必要な材料を揃える

では、一つ一つ詳しく解説していきます。

部屋の寸法から計っていこう!

畳は、住んでいる地域によって大きさが違うため、同じ6畳分のフローリング材を
購入した場合、予定していた枚数では足りなかったということが起きてしまいます。

そのようなことがないように、正確に測っておく必要があります。
主な畳(1畳分)の大きさはこの5パターンなのですが、大きいものと小さいもの
との差が最大で21センチ近くもあることにビックリすると思います。

管理人も今回のDIYで初めて知りましたからね。
事前に自分の家の畳の大きさが、どれくらいなのか測っておきましょう!

京間・本間の大きさ:191cm×95.5cm

六一間の大きさ:185cm×92.5cm

中京間(三六間)の大きさ:182cm×91cm

江戸間の大きさ:176cm×88cm

団地間(五六間)の大きさ:170cm×85cm

私が用意したフローリング材は「12×303×1818」
1セットが1坪分6枚入り(畳2畳)を3セット用意しました。

このフローリング材にあう畳の大きさは「中京間の182cm×91cm」になります。

私の家の場合で考えると、六一間の大きさ「185cm×92.5cm」にあたるので、
今回購入したフローリング材(3セット)追加で2枚あれば大丈夫ということになります。

これで部屋の広さが、縦:3,700mm 横:2,775mmということがわかります。
ただ、今回は畳の大きさから部屋全体の寸法を計測しましたが、
純粋に縦と横の長さを測っても大丈夫です。

畳を処分する場合はどうするの?

畳の部屋をフローリングに変える際、必ず処分しないといけないものが「畳」
処分する方法としては・・・。


① クリーンセンターへ持っていく

② 不用品回収業者に依頼する

③ 粗大ゴミとして取りに来てもらう

今回は、自分でクリーンセンターへ持っていき
処分してもらう方法にしました。(最も安くできる方法)

私が処分した場合、どれくらいの重量で金額はいくらだったのか?わかりやすく
するために、領収書を画像として貼り付けておきますので、参考にしていただければと思います。

これはあくまで、私の市のクリーンセンターでの処分費用になるので、
捨てる場合はお近くの処理施設へ電話にてお問い合わせください。
畳の処理費用

さすがに重たいと思ったら、6枚で160キロもあったんですね。
1枚当たり約26キロ(処理費用は約130円)くらいになります。

そして、畳を捨てると下地の木材が出てきます。
畳を剥がしたらこうなります。

寸法を測り必要な材料を揃える

フローリングに使う材料です。
実際に使用する断熱材と根太は事前にホームセンターでカットして
おきましょう。そうすることで作業効率を上げることができます。

また、木材カットについては、1つの木材に対して3カットまで無料など
お店によっては、有料(1カット20円など)のお店もあります。

  • フローリング材:3セット追加で2枚購入:20,054円
  • スタイロエース断熱材:5枚(30×910×1820):9,100円
  • コンパネ:(900×1800):8,700円
  • フロアー釘:(15×38):278円
  • 根太(198×30×45)18本:3,174円

Sponsored Links

畳をフローリングに変える場合、最も重要になるのが畳と同じ厚みに
材料を揃えること!
私の家で言えば、畳の厚みが54mmでしたので当然、
根太やコンパネ・フローリング材を合わせて54mmに調整する必要があります。

今回は「床鳴り防止と強度の面」からコンパネを入れましたが、入れないやり方も
ありますので、どちらを選んでも大丈夫かと思います。入れない場合は、根太の
厚みを12mm多く取る必要があるので注意して下さいね。
畳の厚さ

準備した材料を配置し、リフォーム開始!

必要な材料が用意できたら、次は木材を仮置きしていきます。
材料を並べていきます。

木材を配置する際、部屋の中心部分を計測して印を入れておき、そこから
木材と断熱材を交互に入れて仮置きしておきます。基本的に木材と木材の間は、
303mm間隔で行うのが一般的ですが、断熱材を258mmでカットして配置すれば、
いちいち寸法を測らなくても、303mm間隔で配置することができます。

今回の場合は、45mm幅の根太を使用しているので、断熱材の幅が258mmになります。
要は、根太の幅から303mmを引けば簡単に計算することができます。

なぜ?303mmなのか?それは、根太と言われる木材の上にコンパネもしくは、
フローリング材の継ぎ目部分を乗せるために、303mmで配置するようになっています。

そして、床下に根太を取り付ける際には、既存の木材と根太との間を5mm
あけるようにして下さい。
これは、「床鳴りを防止」するために必要ですので、
木材と木材をピッタリと合わせないようにして下さいね。(上下両方とも)

歩くたびにギ~~ギ~~って床鳴りしたらストレスになりますから・・・。
材料を仮置きします

さて、仮置きができたら次は根太を中心から左に向けて、ネジで固定して断熱材を
入れていく作業になります。やり方としては、根太を固定して断熱材を間に入れて、
根太で挟み込んでネジで固定するの繰り返し。

そうすることで、根太と断熱材の間に隙間が生まれず、プロ級の仕上がりになります。
実際にねじで固定していきます。

半分が終了、残りの半分も同じやり方でドンドン作業していきましょう!
断熱材を入れてねじで固定します。

いや~~やっと根太と断熱材を固定させる作業が終了(マジ・・。腰痛ッ)
断熱材をすべて敷きいれました。

根太の上にホームセンターで購入してきたコンパネを乗せていきます。
ここで、痛恨のミスが発生~!1,820mmで購入したコンパネが実は、長さが
1,800mmであった事に気づく。20mm足りねーーーーー(泣)

すぐにお店に電話をしてみたが、お客様が購入されたものは900×1,800mmの
コンパネでございますとの回答。シーーーン・・・・・・無言(激汗)。

コンパネは910×1,820が当たり前と思っていた私が犯した最大のミス。今回は、
お店に返品するのはちょっと面倒だし、こちら側の確認ミスということも
あり、強引に取り付けてみました。
コンパネを6枚乗せていきます。

通常ならばここまで隙間はできないのですが、寸法ミスによりギリギリ根太の
上にコンパネが乗っかっている状態。今回はこれで行くことにしました。
コンパネを拡大した画像です。

コンパネを固定したら、次はフローリング材を上から張っていく作業になります。
通常であれば、ハンマーでフロアくぎを打っていかなければならないのですが、
今回は知り合いの大工さんから「くぎ打ちマシーン」を借りてきました。

これが、超~簡単にくぎが打てて作業効率がいいこと。

でも、こんな機械ないよって方がほとんどなので、フローリングを上手に
しかも、キレイに切断する方法やくぎの打ち方など、前回の記事
「押入れをクローゼットに変えるDIY」で作業の様子を
詳しく解説していますので、そちらを参考にして下さいね。

私の家は30年前に建てたものなので、外観にしろ内装にしろガチガチの和風!でも、今回どうしても洋室の部屋が一つほしくて、思い切って畳の部屋をフローリングに変えて、押入れをクローゼットにするDIYに挑戦しました。その第一弾としてまずは「クローゼットからレッ...

ハンマーで打つよりくぎ打ちマシーンの方がはるかに速い。あと、
フローリング同士をつなげる際は、直接ハンマーなどで叩かないように
して下さいね。必ずあて木をしてハンマーで叩くようにして下さい。
フローリング材を張っていきます。

さて、作業の方も最終段階にきて、残すとこ2枚のフローリングを張れば終了になります。
303ミリ間隔でスミ打ちを行います。

リフォーム前の状態がこんな感じ
リフォーム前の状態

そして、リフォーム後はこんなにキレイになりました。前回のDIYで
押入れをクローゼットに変えて壁も漆喰で塗装したので、全く別の
部屋に来たみたいになりました。満足満足 ^^
フローリングの完成

まとめ

今回は、畳をフローリングに変えるDIYに挑戦しましたが、振り返ってみて
施工作業以上にやり方をネットで調べたり、部屋の寸法(材料など)を測ったり
などの前準備にかなりの時間がかかりました。

賃貸やここまで大掛かりな施工は無理という方でも、今はシート系の
床材やウッドカーペット・タイルマットなどを使ってDIYする方もいます。

でも、41,306円で畳の部屋をフローリングに張替えできたのには大満足!

例えば、これを業者にやってもらうとしたら、10万円くらいの費用が必要に
なるので、いかに自分でやると費用を抑えることができるのか改めて実感しました。

痛恨のミスはありましたが、失敗から学ぶこともたくさんありますから、
DIYってやはり楽しいです。学ぶ事っていくつになっても新鮮ですね!

Sponsored Links