イチローさんは2001年11月20日の移籍1年目の年にメジャーリーグ
(MLB)で日本人初のMVPを受賞しています。

しかも、メジャーリーグ初の日本人野手でもあります。

今回はイチローさんの成績・2度目のMVPを逃した理由についても
まとめましたので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

イチロー2001年「MLB」1年目の個人成績

現在は、シアトル・マリナーズの「会長付特別補佐兼インストラクター」を務め
るイチローさんですが、メジャー1年目ではとんでもない記録を打ち立てています。

日本人でメジャーリーグ年間MVPを獲得したのは「イチローさん」一人で
2001年のこの1回だけなんです。意外な感じがしますね。

157試合に出場 チーム成績:116勝46敗(ア・リーグ西地区1位)

  • 打率:350
  • 安打:242
  • 本塁打:8
  • 打点:69
  • 盗塁:56
タイトル獲得

  • MVP(最優秀選手賞)
  • 新人王
  • 首位打者
  • ゴールドグラブ
  • オールスター出場
  • シルバースラッガー
  • 最多安打
  • 最多盗塁

イチローの凄さは2004年に最多安打262本、打率372で首位打者!MVP選ばれず

イチローは2001年にMVPを取っていますが、実は2004年にもチャンスはあったんです。

  • メジャー最多安打:262本
  • 打率:372で首位打者を獲得

2004年MVP:ア・リーグでブラディミール・ゲレーロ外野手が受賞しました。

2004年のゲレーロ選手の成績

  • 打率:337
  • 打点:126
  • 本塁打:39本

イチロー2004年のゾーン別打率が異次元すぎる!


この数字がいかに異次元的な数字なのかは見れば一目瞭然ですが、すごくわかりやすく
言えば、ストライクゾーンに入ってくれば3割以上の確率でヒットにする!

特に真ん中からインコースに限っては「4割」を超えていて2004年のイチローは
敵のチームからしたら、厄介なバッターであったと言えます。

そして、イチローは以下のような言葉を残しています。

自分がどうして「ヒット」を打てるかを説明できるからです。

「MLB」2004年は262安打の異常な記録を残すもMVP落選?なぜか~

2001年に続き2004年もMVPが期待されたイチローでしたが、残念ながらMVPは
ゲレーロ選手が受賞しました。なぜイチローはMVPを逃したのでしょうか?

それは、チームの成績が関与していたのではないかと報道されました。

MVPを取った2001年は地区優勝を果たし、2004年は4位に終わっています。
これがすべてではないとは思いますが、少なからず関係はしていると思われます。

イチローは世界記録保持者!MLBの殿堂入りはしないのか?

イチローは日本で9年プレーをしアメリカで19年、その偉大な
世界記録はどのようなものでしょうか?

  • 安打数:日米通算:4367本
  • MLB年間最多安打:262本

この2つはギネス世界記録に認定されています。

ここまですごい記録を作ってきたイチローさんはMLBの殿堂入りは
しないのか?気になりますよね?

実はMLBの殿堂入りにはある条件があるのです。

その条件とは?
「メジャーで10年以上活躍し、引退してから5年が経過すること」
条件として課せられます。この条件をクリアするには2025年を待たなければなりません。

まとめ

イチローさんは日本球界だけでなくメジャーでも数々の記録を
塗り替えてきた天才バッターです。

でも、イチローさんは自分のことを天才とは言いませんからね。

当たり前のことを当たり前のようにやる!これがいかに難しいことか
人としてもとても素晴らしい方ですよね。

スポンサーリンク