プロペシアはAGA治療をする上で、なくてはならないものですが、
その改善率(1日1錠・1㎎)はご覧のとおりです。

  • 1年後に薄毛が改善:全体の58%・進行なし40%・進行した2%
  • 2年後に薄毛が改善:全体の68%・進行なし31%・進行した1%
  • 3年後に薄毛が改善:全体の78%・進行なし20%・進行した2%

数字だけ見ると98%~99%の方は「改善・進行なし」の結果が出ています。

私はプロペシア(成分:フィナステリド)・ミノタブ・塗りミノを使っていましたが、
髪の毛の回復後に、プロペシアだけにしたところ「わずか3ヵ月」でハゲの状態に戻りました。

今回はプロペシアについて自身の体験談などをふまえて
いろいろと調べましたので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

プロペシア(成分名:フィナステリド)の効果は髪の毛を「発毛」させるものではない

そもそも、プロペシアはAGAの進行を止める(現状維持)ことが目的で、
髪の毛を発毛させるためのものではないという事です。

特に、私のように「地肌が見えたハゲ」の状態から1年や2年で髪の毛が
フサフサになるということはありえないという事になります。
地肌が露出した頭皮の状態
ですから、全体の「58%が改善した」というのは、薄毛がフサフサに回復したという事ではない。

正常なヘアサイクルとAGAの違い
  • 正常期:休止期(3~4ヵ月)⇒成長期(2年~6年)⇒退行期(2週間)
  • AGA:休止期(3~4ヵ月)⇒成長期(数ヵ月~1年)⇒退行期(2週間)

正常なヘアサイクルとは、通常2年~6年程度ある「成長期」が、AGAになると
数ヵ月~1年以内に髪の毛が抜け落ちるか細く(産毛状態)なってしまいます。

いわゆる、髪の毛の「マイクロ化現象」が起きてしまいます。

AGAになった髪の毛の状態
ここで勘違いしてほしくないのが、毛根がダメになったとか言いますが、そのような事ではなく、
産毛のように細く短くなった事で毛が見えにくくなり、ドンドンと地肌が露出していきます。

プロペシア・ジェネリック薬品の偽物はあるの?

薬を飲んでいるけれど効果を感じられない?もしかして「偽物」なのと思う方
がいますが、実際のところどうなのでしょうか?

日本で医師が処方してくれるプロペシア「正規品(28錠)」
は月額8,000~10,000円くらいが相場です。

  • 個人輸入(通販)でプロペシアを購入(28錠)「5,000円~6,000円が相場」
  • 個人輸入(通販)でジェネリックを購入(100錠)「3,000円程度」

ニュースでプロペシアの偽物が出たとの報道は今の所ありません。

医師が処方してくれるプロペシアは本物です。それに対して、偽物が疑われる
のが「個人輸入によるプロペシアの購入」です。

値段から考えればプロペシアの偽物は否定できませんが、ジェネリックに関しては、
1錠30円程度に対して偽物を作るでしょうか?(儲けないですよね?)

今現在、私はジェネリックを服用していますが、特に問題なく効果も
感じていますし、もし偽物だったら今頃、私の頭頂部はつるっぱげです。

頭頂部の薄毛は治る!3ヵ月でハゲがみるみる改善した私の髪

そして、副作用もありません。だから今後もこれを使っていく予定です。

私が個人輸入(通販)でプロペシアを選んだ理由

AGAは一度発症したら完治することはありません。ハゲたくなかったら一生
飲む必要があるため、できるだけ安く効果のあるものを選びたかったからです。

お金に余裕のある方だったら、8,000円~10,000円を出して正規品を購入すれば
いいと思うのですが、年間10万円近いお金は高いと感じます。
お金が宙を舞う
この先、40年生きると考えた場合400万円はどう考えても安い金額ではないですよね?

このような理由から、プロペシアを個人輸入で購入しようと思いました。

今現在は、プロペシアのジェネリック薬品を使用中(プロペシアで効果が確認できた為)
1日当たり激安の30円で効果を実感中です。

スポンサーリンク

プロペシアを飲まずして「薄毛」を改善させる方法

プロペシアの副作用が気になって飲むことに抵抗がある方は、薬以外の
方法で改善させる方法があります。

  • 自毛植毛:植毛した場所しか生えないために費用がかさむ(髪の毛に段差が生まれる)
  • カツラ:不自然ですが最も理想の方法かもしれません
  • 増毛:増毛はエクステ!元々毛のないところには使えない
  • 粉末:ごまかしは効くが、一時的なもの
  • 毛髪再生医療:毛根を培養(増やす)して髪の毛を植毛する

プロペシアは進行を止める薬!ミノキシジルは髪の毛を増やす薬!

プロペシアは髪の毛を発毛させるためではなく、進行を止める(現状維持)薬だと、
はじめにお伝えしましたが、では髪の毛を発毛させるにはどうしたらよいのでしょうか?

髪の毛を発毛させるものは「ミノキシジル」というもので2種類のタイプがあります。

  • 外用薬(塗るミノキシジル)
  • 内服薬(飲むミノキシジル=通称:ミノタブ)
日本皮膚科学会 診療ガイドライン
  • 推奨度:Aランク(最高ランク)フィナステリド(成分名)=脱毛を抑制させる薬
  • 推奨度:Aランク(最高ランク)ミノキシジルの外用薬(頭皮に塗るタイプ)=発毛促進

日本皮膚科学会の診療ガイドラインでは、AGAで最も安全で効果のある方法は
「フィナステリドを飲んで頭皮にミノキシジルを塗る」ことが推奨されています。

ただ、私のように地肌が見えているような場合、この方法を取ると回復するのに
何年かかるか分からないので「ミノタブ」を使うと驚きの効果を得ることができます。

ミノタブで毛が生えすぎ!たったの3ヵ月でここまで増えた

ただ、効果は抜群ですがそれに伴う「副作用」も考慮する必要があります。

まとめ

プロペシアについて自身の体験を書かせていただきましたが、
いかがだったでしょうか?

結果的に58%の人がプロペシアだけで髪の毛が改善した理由は、
「進行が止まった・抜け毛が減った」などの現状維持に関するものが多いです。

なぜなら「プロペシア」は髪の毛を増やすものではないからです。

髪の毛が増えたなどの結果が出ている方は、少なからず「ミノキシジル」を
頭皮に塗っているもしくは内服薬を使っている方です。

AGAは発症したら完治することはありません。そのまま薄毛になっていくのを待っているのか?
プロペシアとミノキシジルを併用して髪の毛を維持していくかはあなた次第です。

スポンサーリンク