部屋のイメージを変えようと思ったら「壁紙」を張り替えるのが一番いいのですが、
何事も初めてだとネットで探り探りで作業をするために失敗はつきもの。

以前、初めて私の家の壁紙を張り替えたら大失敗の連続でそれでも素人ながらも
プロ級並みに仕上げることができました。(時間はかかりましたが・・・。)

DIYは得意な方ですが、この壁紙の張り替えは事前に調べておかないと貼ったはいいが、
最後に剥がさないといけないとなると最初から業者に頼んだ方がよかったと後悔するでしょう

業者に頼めば6帖1間で柄のない壁紙で43,000円~柄ありだと+5,000円ほど高く
なります。DIYだと1万円くらいなので、3万円以上お得と言えます。

自分で張替えたら失敗するかも?と心配の方!安心してください。
この記事では私が経験した失敗(失敗しないためのポイント)を見ればDIYはうまくいきます。

焦らず丁寧にやれば新築物件のような家に蘇ること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

壁紙を張り替える為の準備とは?

壁紙を張る前にマスカーを引きましょう!
これは100均で売っているので必ず購入して壁紙を貼る床面を汚さないように
事前に貼っておきましょう。

マスカーって何って方に簡単に説明しておきます。
塗装などによく使うアイテムで、端っこにテープが付いていてそれを床などに
貼りつけてビニールを広げると(ビニール幅550ミリ)床が汚れません。

DIYではおなじみのアイテムなのでこれを機に覚えておきましょう!

床面に糊がついてしまうと正直、あちらこち糊だらけになりますので、
ここは面倒くさがらずに最後は剥がして捨てるだけですので後処理が楽です。

マスカーを貼る場所としては・・・。

  • 壁紙を貼る壁のすぐ下(全面)
  • 壁紙に付いている糊フィルム剥がすための作業場所(3mくらい)

私の失敗談としては、糊フィルムを剥がすための場所にはマスカーを貼っていたの
ですが、肝心の壁のすぐ下に貼っていなかったので、床が糊でベッタベタ(汚)

みなさんも私と同じ過ちを犯さないでくださいね。

壁紙をジャバラ状に折りたたんで準備しておきましょう

まずは壁の高さを測り必要な長さに壁紙を切っておきましょう。注意点としては
実際の長さの+10センチでカットしておきます。

私が今回、壁紙の張り替えをした中での大失敗はこのジャバラ状に折りたたまなかった
ことが原因で、壁紙が破れしかも部屋中が糊だらけになりました。

特に今回がはじめての場合には、必ず動画で作業工程を確認して下さい。

これを知っているか?知らないかで作業効率にかなりの差が出ますので、
よく理解してから作業に取り掛かることをおススメします。


どうでしたか?3メートル近くある壁に貼る場合はこのジャバラに折ってから
作業しないと1人では絶対に無理だということが分かると思います。
スポンサーリンク

初心者は柄物の壁紙を選ばないほうがいい理由とは?

初心者がやりがちな失敗例で多いのが、この柄物を選んでしまうことです。

単純にかわいいからという、安易な理由で選ばないほうが良いでしょう!その理由は、、、。

初めての場合は柄物は絶対に避けましょう。なぜなら壁紙同士をジョイント
する際に、ずれてしまうからです。ずれる事で非常に見栄えが悪くなります。

何度か張り替えをして慣れてくれば大丈夫だと思いますが、最初にうちは
無難に無地のものを選びましょう!無地だとどこでジョイントしても大丈夫ですからね。

ちなみに、赤枠の部分!わざと柄をずらして画像を編集してみましたがどうですか?
よく見ないとわかりにくいですが、やはり見栄え重視で行くといまいちですよね。

壁紙をジョイントする場合の注意点

このジョイント部分もしっかり理解しておかないと私みたいに失敗して
壁紙が糊でベタベタになりますので、よく動画で確認して作業に取り掛かってください。

つなぎ目部分が汚いと見た目も悪いし時間とともにそこから剥がれてきますので、
補修作業に手間がかかるので、この部分は慎重に作業しましょう!

動画では簡単に作業をしていますが、糊が付かないようテープがしてある方を上にして
ジョイントしたい部分にかぶせて、その中央部分を切って上下のテープを同時に剥がせばOK。

あとは専用のローラーで圧着すれば、どこでジョイントしたのか?わからないほど
キレイにつなぐことができます。

障害物(エアコン・ヒューズBOXなど)に対する壁紙の張り方

壁紙張りでの最も大失敗するポイントの一つがこの障害物をよけて貼るやり方。

これも同じく動画をみておかないと、貼ることは不可能だし必ず失敗します。
しっかりと理解して作業に取り掛かりましょう。

動画ではすごく簡単に壁紙を貼っていますが、素人だとかなり厳しいと思います。

なので、この障害物(エアコン周り)に対するやり方は実際に私が考えた方法がはるかに
簡単だし初心者にはおすすめな方法だと思いますのでこちらの記事を参考にどうぞ

壁紙も築年数が経てば、汚れや日焼けなどで元の色からは想像もできないほど、薄汚れてきます。特に、キッチンに関しては汚れるスピードが早いこと!築30年にもなると、焼け方が半端ない!そんなことで、今回は我が家の薄汚れた壁紙を、DIYでお安く、キレイに張り替え...

下地処理をせずに貼って剥がせる壁紙を選びましょう

一般的なやり方だと壁紙は一度全部剥がしてから下地処理をしてから行います。

このやり方をするとどうなるかというと・・・。

  • 壁紙を剥がした後の紙くずが大量に出る
  • かなりの時間と体力を失ってしまう
  • 下処理用の道具(ヘラ)とパテを購入しなければならない

正直なところデメリットしかありません。

特に下処理のパテは乾いた後にヤスリで削って平らにならさないといけないし、
ヤスリで削った後の粉塵が目に入ったり吸い込んで蒸せたりと大変。

では、どうするのが最善の方法かというと既存の壁紙の上から新しい壁紙を貼る!

全部剥がさなくても大丈夫なの?すぐに剥がれないの?そんな質問が飛んできそうですが、
安心して下さい。張り替えて3年以上たちますが一切、剥がれていないし当初のままです。

実際に私のところで使った壁紙をご紹介しますのでよかったら使ってみてください。
壁紙+施工用の道具7点が入っていますのですぐにDIYが可能です。

まとめ

今回は私の失敗談をテーマに記事を書いてみました。DIYの最大のメリットは
安くできるという点ですが、作業手順や注意点などを知らないでやると大失敗します。

私みたいにテーブルやら床やらが糊でベッタベタに・・・。
後始末に時間がかかってしまいます。

最初から業者に頼んどけばよかったと後悔するでしょう!

でも、この記事に書いていることに注意しながら事前に知識を入れておけば、
まず大きな失敗はすることなく安く確実に壁紙を張り替えることができると思います。

この記事をきっかけにDIYする人が増えてくれたらうれしいな~(笑)

スポンサーリンク