最近では、雨水タンクを設置しているご家庭も増えてきましたね。

私の市では商品代金の約半分(上限3万円)まで雨水タンクの助成金を受けることが、
できるので念願の「200リットル」のタンクを設置してみました。

ちなみに、お値段は49,489円で助成金額は24,000円です。
雨水タンクを設置した写真
でも、雨水タンクは雨が降って初めて利用価値があるのですが、
雨が降らないと全くもって使い物にならないのですが、私の家では
効率よくこの雨水タンクを利用しています。(デメリットをメリットに変えてます)

そこで今回は、私の家での利用方法をご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

雨水タンクの最大のデメリットは「雨が降らなきゃ水がたまらない」

最近は1ヵ月以上まともな雨が降りませんので、雨水タンクは空の状態。
これじゃせっかく高いお金を出して購入した、雨水タンクが使い物になりません。

絶対に買わなきゃよかったって後悔します。
後悔して頭を抱える
これが、雨水タンクを使ってみて思った最大のデメリット。

当然と言えば当然ですが、私の家では駐車場や車の洗車・庭のお手入れなどで
水を使う頻度が高いので、雨が降るのを待っていてはいつのことやら・・・。

そこで私は考えたんです。

管理人
毎日捨てている風呂の水をタンクの中に入れてみたら
いいんじゃないか?
とそう思ったんです。

そして、実際に風呂の水をタンク内に入れてみました。

私が使っている風呂水をくみ上げるポンプです。これを使って雨水タンクへ
風呂の水を移動させています。(超便利です)

雨水タンクに風呂の残り湯を入れてみた

雨水タンクには、雨水以外は入れてはいけないなどの規則がありますが、
気にせず家では使っています。

毎日、捨てている風呂水を有効活用できるわけですから、使わなきゃもったいない
ですよね??
風呂水をタンク内に入れる作業
実際に風呂水をタンクに入れてみると、ちょうどタンクが満水になるくらいに
貯まりますので、毎日捨てる風呂水を有効活用できるわけです。

スポンサーリンク


ただし、雨が降ってタンク内に流れ込む水は非常に汚いので、せっかくきれいな
タンク内の風呂水が汚れてしまうのがデメリットでもあります。

なので、最低でも月に1回くらいはタンク内の水を空にして清掃する必要があります。
または、雨水が入らないようにして風呂水専用のタンクとして利用すれば、掃除をする
という手間が省けるかもしれません。

雨水タンクに風呂水を使うことで「ボウフラ・水が腐る」などの対策が可能

雨水タンクを使っていて、夏は35度を超える日が続くと「ボウフラ・水が腐る」など
の問題が出てきますが、風呂水を入れて使えばその問題が解決します。

それはなぜかというと、水を頻繁に使うことで常に雨水タンクの中の水が
循環していることで「ボウフラ・水が腐る」などを回避できます。

当然、風呂水を入れたままにして1ヶ月も使わなければ腐ります。(当たり前ですね♪)

私のところは、常に新しい風呂水を入れ替えているので「ボウフラ・水が腐る」
などの問題は一度も起きていません。

気になる雨水タンクの水圧とはどれくらいなの?(動画あり)

雨水タンクを購入する上で気になるのが、この蛇口をひねって出る水の勢いです。

買ったのはいいが、勢いがなくバケツに貯まるのに時間がかかるのでは、
イライラしますよね?

そこで家で購入したこのタンクの蛇口から出る水の動画を撮影したので、
購入するための参考にしてみてください。

雨水タンクに高圧洗浄機を接続して使ってみた

雨水タンクに風呂の残り湯を入れて、高圧洗浄機を使うのが最も効率的な
タンクの利用法になります。

車の洗車や駐車場・壁や外壁など通常の水道から水を使った場合は、おそらく
200リットル以上の水を使用すると思いますが、風呂水を使えば0円で済みます。

では、実際に高圧洗浄機につないでいる所を見てみましょう!
雨水タンクに高圧洗浄機をつなげてみた
どうですか?雨水タンクの蛇口をひねれば、そのまま高圧洗浄機が使えます。

水道の蛇口から水を取った場合と何ら変わらず、勢いそのままで
高圧洗浄機が使えますので、遠慮なく水を使うことができます。

接続方法や使い方などが分からない方は、以下の記事を参考にしてみて
下さいね。高圧洗浄機のエア抜きがうまくできないと水圧が上がらないので注意してね。

高圧洗浄機の水道代が0円に!風呂水を使った方法をご紹介

まとめ

今回は助成金を使って雨水タンクを購入して、私なりの使い方を紹介
しましたが、いかがだったでしょうか?

風呂水を使えば、水道代金を気にすることなく思う存分いろんなものを
洗うことができます。

正規の使い方だと雨が降らなきゃ正直、この雨水タンクは使い物になりません。

でも、風呂水を入れれば気兼ねなく使うことができますからね。

スポンサーリンク