男性型脱毛症(AGA)治療で最も効果が高いとされる内服薬は「ミノタブ」ですね。

しかしながら、効果が高いとされていても薄毛治療薬ではないので副作用
気になる方は手が出しにくい薬でもあります。(私がそうでしたから・・。)

ただ、私の場合は気づいた時には「ハゲの状態」がヤバいことになっていたので、
副作用以上にハゲが進行することが嫌だった為に、躊躇なく服用を開始しました。
薄毛が進行した頭皮の状態
ミノタブを服用することで得られる効果は絶大です。(副作用あり)

  • 急速に髪の毛が増える(毛が生えすぎと思うほどに増えた)
  • 周りの目を気にすることがなくなる
  • 毎日の髪の毛のセットが楽しくなる

やはり、ハゲていて最も苦痛に思う瞬間は昔の友達に会うとか床屋さんで最後に
髪型を確認する時に鏡越しに見えるハゲた自分の頭頂部を見た瞬間ですね。(絶望的)

少しでも早くAGAを改善したいと思う方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ミノタブだけではなく「フィナステリド」は絶対です

フィナステリド・ミノタブ・塗りミノ
薄毛治療は当然「ミノタブ」だけでは回復することは不可能です。

ミノタブで増えたところで、髪の毛が抜けたり、細くなったりしては本末転倒!
抜け毛防止をするのが「フィナステリド」という内服薬になります。

フィナステリドとは?
フィナステリドは男性ホルモン(テストステロン)と酵素が結びつくことで出来る薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制するためのお薬です。

  • フィナステリド(成分名)=抜け毛を防止する薬
  • ミノタブ=髪の毛を増やすための薬

ミノタブの副作用が怖い方は、ミノキシジルの外用薬(塗りミノ)でも代行することが可能です。

私の場合は、フィナステリド・ミノタブの内服薬・外用薬(塗りミノ)
を使うことでわずか3ヵ月で地肌が見えない程度まで回復することができました。

頭頂部の薄毛は治る!3ヵ月でハゲがみるみる改善した私の髪

ホントにビックリするくらいのスピードで、毛が増えていきました。

ミノタブで毛が生えすぎ!ただ「副作用」を理解したうえで使用すること

いいことばかりではなく副作用も当然、発生します。

  • 初期脱毛
  • 多毛症
  • 顔のむくみ
  • 動悸
  • ED

この副作用の中で必ずと言っていいほど起きるものは「初期脱毛」です。

残りの4つは個人差によって出たり出なかったりですので、
もし、症状が重い場合は医師の診断を受けて下さい。

スポンサーリンク


初期脱毛は服用から2週間ほどで起き始め約1ヵ月くらいは続くので、精神的ダメージが大きいで
すが、これは、髪の毛が増えている証拠ですので、辛抱して乗り切るしかない副作用になります。
細く短くなってしまったAGAの髪
ミノタブを服用すれば、古い髪の毛は下から新しく生えてくる髪の毛に押し出されるようにして
生えてくるので、この初期脱毛が起きます。特にシャンプーの時は、短くて細い髪がたくさん抜けてしまいます。

ミノタブの効果はいつから始まる!ただ「初期脱毛」もやばい

始めは驚きますが、慣れるしかないです。2ヵ月もすればシャンプーをする時に髪の毛が
増えていると私は確信できたので、この初期脱毛はプラスに考えていきましょう!

ミノタブの服用を止めてしまうと「ハゲてしまうのか?」

結論から言えば「止めればハゲる」
ミノタブの服用を止めればまた元のハゲの状態に戻ります
私もミノタブの副作用が怖かったために、ある程度髪の毛が回復した段階で
ミノタブの服用を中止したのです。

ところが、わずか3ヵ月の間で元のハゲの状態に戻ってしまったのです。

ミノタブやめて維持するのは無理!結果的にまたハゲてしまった

全体の約58%の方はフィナステリドだけ、もしくはフィナステリドとミノキシジルの
外用薬(塗りミノ)だけで髪の毛を維持できると、ネットで見かけますが私はダメでしたね。

プロペシアだけで十分なのは全体の58%!私は「ハゲ」ました

あと、ミノタブは髪の毛を増やすためだけではなく、髪の毛を抜けにくくする働きもある
というお医者さんの書き込みも見たことがあります。

この意見に関しては、私もそのような働きがあると感じます。なぜならミノタブを止めて
2週間目くらいから部屋に髪の毛が落ちる本数が目立ち始めたからです。(シャンプーの時も)

ミノタブはやめたほうがいい3つの理由

ミノタブは危険だからやめたほうがいい理由はいくつかあるのですが、
主に考えられるものはこの3つです。

  • 副作用の問題
  • ミノタブは毛生え薬ではない!「血圧降下剤」が本来の目的
  • 日本皮膚科学会の診療ガイドラインでは最低評価のDランク

この3つの理由で、特に注目すべき点は・・・。

ミノタブは「診療ガイドラインで最低評価のDランク」
であるところです。お医者さんは飲むなと言っているのです。

ミノタブはAGAを改善させるために、認証されているものではないということ。
どういうことかというと、使用する場合はすべて「自己責任」

何が起きても自分で対応する必要があるということです。

ミノタブはやめたほうがいいと分かっていてもやめれない理由

ミノタブを好んで飲んでいる方はいないと思います。なぜなら副作用があるからです。

飲まないと現状の髪の毛を維持できないから飲んでいるのであって、
塗りミノ+フィナで回復するのであれば「ミノタブ」は飲みません。

なので私は2.5㎜で効果あるので、そのまま飲み続けるのか?今後、半分にするのかを検討中です。

当然、やめれば3ヶ月で「頭頂部」はスカスカの状態になるので、やめたくてもやめれません。
これが現実です。フィナ+塗りミノでは今の髪の毛を維持できなかったのです。

ミノタブはやめた方が良い=分かっているけどやめれない

ミノタブを使う際は医師の診断を受けた方が安全


私の場合は、地肌が丸見えになるほどひどい状態だったので「個人輸入」でミノタブ・
フィナステリド・塗りミノをすぐに購入したのですが、もし体に異常が起きてもすべて自己責任

AGA(薄毛)は一度発症すれば治りません。ハゲたくなければ一生薬を飲む必要があり、
できる限り安く薬を手に入れることができれば、経済的にかなり楽です。

  • 安さを求めるなら=個人輸入で薬を手に入れる(簡単に手に入ります)
  • 安心を求めるなら=クリニックで診断を受け薬を服用する(割高)

個人輸入で買う薬とクリニックで処方される薬は同じ成分の薬なので、
一度クリニックで診断を受けてみて、問題がなければ個人輸入に切り替える
という方法が最も安全で安くできる方法かもしれません。

スポンサーリンク

個人輸入とクリニックでかかる費用を比べてみた

個人輸入で3ヵ月間にかかった費用は以下の通りです。

  • 内服薬(2種類):5,791円
  • 外用薬:3,207円

合計:8,998円

クリニックでフィナステリドとミノキシジルの外用薬の2種類を処方してもらうと、
1ヵ月で9,000円の費用がかかります。

個人輸入とクリニックでは約3倍の費用が掛かるということになります。医師が
しっかりサポートしてくれる費用だと思えば決して高い金額ではありませんね。

オンラインで診断可能なクリニックをご紹介します

薄毛治療で最も抵抗があるのが「人に見られる・恥ずかしい」という理由から
クリニックに行くのをためらう方が多くいらっしゃいます。

でも、安心してくださいね。これから私が紹介するクリニックは、すべてオンラインで
完結してしまう、良心的なクリニックなんです。

診断から薬の処方・薬の発送までを行ってくれます。

クリニックに行く時間がない・はずかしい。でも、薄毛はどうにかしたい!
そんな方にはすごくおススメのクリニックになります。

G.グリーンクリニック

まとめ

ミノタブについていろいろ書かせてもらいましたが、使う使わないかはあなた次第!

  • 安さを求めるなら=個人輸入で薬を手に入れる(簡単に手に入ります)
  • 安心を求めるなら=クリニックで診断を受け薬を服用する(割高)

一刻も早く改善したいのなら、副作用を心配するより薄毛になったことによる
デメリットの方が私は大きいと思います。

これは人それぞれ考えが違うので、やった方がいいとは言えませんが、やることによって
ホントに人生が明るくなるし、積極的にもなれると思います。

ミノタブを使おうかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク